\Yahooニュースに掲載されました/みる

島人に愛されすぎ!安くてうまい店×沖縄そば【居酒屋 はるみちゃん】

せっかく島に来たなら、観光客向けのお店よりも地元の人が本当に推してる店に行きたくないですか?それなら「居酒屋はるみちゃん」。島民におすすめのお店を聞くとほぼランクインします。郷土料理も、いつもの居酒屋メニューも!ランチから飲み会の〆まで!いつでも満足できるお店をご紹介します。

※この記事は2021年8月現在の情報です。最新情報はお店にお問い合わせください。

目次

島民の推しといえば、居酒屋はるみちゃん

「居酒屋はるみちゃん」は徳之島の中心街、亀津にあります。徳之島島民なら誰もが行ったことがあるんじゃないか?むしろはるみちゃんの料理でみんな育ったんじゃないか?ってくらい、親しまれているお店。

はるみちゃんの推しポイント

  • 安くて大量でうまい!優しい家庭の味
  • 店員さんもお客さんも気さく
    • みんなすぐ友達
    • ひとりで行っても歓迎される
  • 営業時間が長い(11時~24時)
  • メニューが豊富
    • 昼も夜もメニューが変わらない
    • 郷土料理もたくさん
はなまるなちゃれ

満を持してのご紹介です!

こちらも亀津×島人に愛されてるお店

アットホームな店内

テーブル席6つとカウンター席があります。ひとりでカウンターでごはんに行っても大丈夫。メニューに「1人のお客様にオススメ!晩酌セット」があるくらいだもの。

それに、店員さんたちがフレンドリーだったり、お客さんたちもわいわいしてたり…結構話しかけてくれます。

すきすきなちゃれ

「せっかく島に来たんだから、島民と気兼ねなくおしゃべりしたい~!」って人にはもってこいのお店。

豊富なメニュー!

かなしみなちゃれ

ドリンクメニュー撮り忘れちゃった…
生ビール、黒糖焼酎、ハイボール、チューハイなどお手頃価格!

はるみちゃんは、営業時間中ずっとメニューが変わりません。(セットやコースは夜だけみたい)
ランチで一品料理を食べるもよし、居酒屋としてみんなで何品も食べるのもよし、〆のラーメンもよし!

てれてれなちゃれ

いつ行ってもリーズナブルで満腹になれる家庭の味が楽しめます。最強。

人気メニュー!沖縄そば

この日は飲み会の〆で来店。ラーメンやご飯類もいいけど…沖縄そばをチョイス。深夜の時間帯に食べると優しさが沁みるのよ~!

沖縄そば

私油っこいものとか重たいもの苦手なんです。でもはるみちゃんの沖縄そばはペロリ。
ソーキ(豚肉)に味がしみ込んでて、お口の中でほろほろとけていくんです…しあわせの味。

推し① チーズキムチ雑炊

キムチチーズ雑炊

私が結局いつも頼んじゃうのがこの「チーズキムチ雑炊」。赤からの鍋が好きな人におすすめ。島でも食べれる幸福感~!辛くはなくて、チーズのまろやかさがいい感じ。ペロッと食べれちゃう。

赤からスープは辛さが選べるよ!私は3番推し

推し② みのり館ポテト

みのり館ポテト

居酒屋のポテトって、あ~これ完全に冷凍だわ~っていう細くて油っぽいポテト出てくるじゃないですか。私あれが嫌いでして…

でもみのり館ポテトは美味しい。徳之島のじゃがいもの甘みが堪能できて好きなんです。

推し③ バナナシェイク

注文したら、その場で徳之島の島バナナを絞ってくれます。鮮度抜群!
バナナ以外一切なにも入ってないんだって。なのにこの甘さ!すげえ。

てれてれなちゃれ

テイクアウトして、はるみちゃんの余韻に浸りながら飲むのが好きなの

ちょっと小ぶりで、甘~い島バナナ

推し④ ヤギ汁

はるみちゃんでは徳之島の郷土料理である「夜光貝バター炒め」「あおさの天ぷら」「たまごおにぎり」なども食べれます。どれも美味しい~!

はなまるなちゃれ

迷ったら「おまかせ料理コース」!いろいろな島料理を楽しみたい人向けのコースです。

郷土料理のなかでも最推しは「ヤギ汁」。

・沖縄のヤギにトラウマのあった私でも大丈夫でした!
・やぎ汁は臭みがなくて美味しい

Googleマップ口コミ

などなど。巷でも「はるみちゃんのヤギ汁なら食べれる」って声はしょっちゅう聞きます。ぜひお試しあれ~

もし苦手かも?って思う人は「ヤギ刺し」からチャレンジしてみるのもおすすめ。

かなしみなちゃれ

ちなみに私は獣類の肉が全般ダメで、ヤギ汁も挑戦したけど断念しました…無念。

アクセス・電話番号・営業時間

住所鹿児島県大島郡徳之島町亀津972
電話番号0997-82-1611
店休日なし(コロナなどで休む場合あり)
営業時間11時~24時
Google評価★★★★☆(4.5) 口コミ

\ 徳之島の最新情報が届く!質問も歓迎 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次