【正直レビュー】Mavic2Proのアクセサリー 買ってよかったもの/買わなくてよかったもの

URLをコピーする
URLをコピーしました!

空撮のためにDJI Mavic2Pro用のいろんなアクセサリーを試しました。買ってよかったものと、実体験に基づいて正直にレビューします。

目次

買ってよかったもの

Fly Moreキット

必需品。Mavic2Proの最大フライト時間は31分。1日数回飛ばしたいシチュエーションが必ずやってきます。

ひらめきなちゃれ

予備バッテリーが2本あると、午前中3ヵ所がっつり撮影できるイメージ。


カーチャージャーもついてきますが、充電が結構ゆっくりなので…最初に使ったバッテリーをフル充電してもう一回使うのは厳しいかも。

私はホエールウォッチングで午前&午後乗船しており、乗船中に充電環境がないので、バッテリーを買い足して全部で4本にしました。泳いで撮影もするので、空撮オンリーだったらもう少しバッテリーあってもいいかも。

はなまるなちゃれ

チャンスを逃したくないもんね!

FlyMoreコンボについてくるショルダーバッグも優秀!実は初代MavicProのバックはバッテリーが入りきらなかったんです。でもMavic2Proはバッテリーが全部で4本入るし、ジャストフィットで便利!これがあれば、わざわざケースを買う必要はないです。

ケアリフレッシュ

機体を1年間で2回までリフレッシュ交換できるサービス。


機体を持って最初のころは操縦も慣れず、もしかしたらぶつけてしまったり、水没させてしまうこともあるかもしれません。Mavic2Proはすごい良い機体なのでリスクは低いのですが、周りには墜落させた人もしばしば。

びっくりなちゃれ

この料金で2回も交換してくれるなら、修理したり買いなおしたりするより全然おとく!

これに加入しておけば、他社の機体保険は1年間加入しなくても大丈夫。重複しちゃうからね。でも次の【賠償責任保険】は入っておきましょう。

賠償責任保険(無償付帯)

DJIのドローンを購入(登録)してから1年間、無償で賠償責任保険に加入することが出来ます。

  • 人にけがをさせた…1事故につき1億円まで
  • 物を破壊した…1事故につき5,000万円まで
かなしみなちゃれ

万が一事故ってこんな金額請求されても、払えないよ…

この保険に1年間無償で加入できる!本当にありがたいですね~。

1年経つ前に、更新もしくは他社保険への乗り換えをするのを忘れずに!

プロペラガード(正規品)


買ってよかったもの、というより、買わざるを得なかったもの。

というのも、ドローンの飛行許可申請をする際にプロペラガードを付けたドローンの写真を添付する必要があります。以前まではサードパーティー製のプロペラガードでも申請が通ったのですが、2021年7月現在はDJI製のプロペラガードでしか申請が通らなくなりました。

マイクロSDカード

実はSDカードの良し悪しが、カメラの性能を左右しています。

ガリべんなちゃれ

Mavic2Proの高いカメラ性能を活かしきるために、高品質のマイクロSDカードを選ぼう!

SDカードの選び方
  • SDスピードクラス…Class10(必須)
  • 耐久性…防水 IPX8
  • 容量…お好み(おすすめは256GB)
  • UHS…UHS3(4K対応)
  • 最高速度…早ければ早いほど◎
    • 読取(Read)…90MB~
    • 書込(Write)…50MB~


レンズフィルター

フィルターをつけるメリット
  • 青空がより青く!
  • 海の色の反射を抑えられる!→水中が見える!
  • 白飛びが抑えられる!
  • シャッタースピードや絞りの操作可能範囲が広がる

私の場合、クジラ空撮のためには必須アイテムでした。クジラは哺乳類なので、息継ぎをしに水面に上がってきます。水中にいる段階からドローンで見つけるために、水面反射を抑えて水中が見えるようになるフィルターをつけました。

すきすきなちゃれ

相乗効果だったのは、空がより青くなったことと、白飛びを軽減できたこと!

クジラの潮吹きや、ブリーチ(ジャンプ)などのアクションがあると、豪快な水しぶきが立ちます。急に明るい場所が増えると、白飛びしやすいのですが…フィルターでかなり軽減することができました。


PolarProはドローンフィルターのトップを走るメーカーです。フィルターはガラス製で、実際の使用した感想として、光学性能は信頼できる商品だと思いました。安物のフィルターだと画質劣化します。特にプラスティク製のNDは論外で、色が狂ったり、写真撮影では明らかに画質が落ちたりします。ひどい商品だと、ジンバルが狂ったりするので、注意が必要です。こちらの商品は金額は高いですが品質は保証されています。Mavic2 Proは20万近くする機体、フィルターは妥協しないほうが良いです。

Amazonレビュー

買わなくてよかったもの

機体用ケース


FlyMoreコンボについてくるショルダーバッグで十分でした。もし海や山などのハードな環境にドローンを持っていくならあってもいいかもしれません。

私は船上から毎日のように飛ばしており、ショルダーバッグが潮でちょっとサビてきたり、波をかぶってしまうときもあるので…布製だと心もとないかもしれません。

こんわくなちゃれ

まぁそれでも2年間壊れてないし、いっかな~と。

タブレットホルダー

タブレットをモニターにして操縦したいときに使うアイテム。


タブレットのほうが画面サイズが大きくて見やすくて、周りの人にも見せやすいし良いかな~と思ったんですが…私は【即準備!即撮影!】したいシチュエーションが多く、このホルダーをつけるひと手間すらもったいなくて断念。

モニターサンシェード

眩しい場所で空撮すると、モニター(スマホ)の画面が見えにくくなります。このシェードでモニターに日陰をつくることで見えやすくなります。


私はタブレットホルダーと同様、即撮影!の機動力を重視するために断念。眩しい場所でのフライトは、なんとか日陰をつくるほうが手っ取り早いです。

にんまりなちゃれ

私はよく土下座みたいな格好になってます

まとめ

どんなシチュエーションで空影するかによって、必要なアクセサリーは変わってきます。が、買ってよかったものたちは、万人におすすめしたいアイテムばかり!ぜひ使ってみてくださいね。

\ 徳之島の最新情報が届く!質問も歓迎 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる