【TCD CORE】今から買う人に伝えたいこと

URLをコピーする
URLをコピーしました!

2021年6月末まで、このサイトはWordpressテーマ【TCD CORE】を使って製作していました。作りこんでいくなかで、結構使いづらさを感じました。他テーマと比較して正直にレビューします。

目次

TCD COREを選んだのは、他テーマが使いやすかったから

このサイトを作る前に、ダイビングインストラクター仲間のサイトを制作。その時に使ったのがWordpressテーマ【TCD FORCE】でした。

なぜ【TCD FORCE】にしたかというと、私がSEOの会社に勤めていたときの元上司に相談して、おすすめされたのがこれだったからです。元上司は誰でも知ってるような大企業のSEOコンサルもしてるし、Wordpressを使って自社サイトも運営してる。さらに元上司もこれから【TCD FORCE】を使ってとある会社のサイト制作をするというので、困ったら聞ける!と思ったのもメリットでした。

つまり、良し悪し比較もせず、言われるがまま【TCD FORCE】を導入しました。爆

結果的に、結構使いやすいWordpressテーマでした!オリジナリティもそこそこ出せたりして。おしゃれさを求めるならばっちりでしょう。

ひらめきなちゃれ

じゃあ自分のサイトでブログ運営するときもTCDから選ぼう!

と思い、選んだのが【TCD CORE】

TCD テーマ比較ナビで「ブログ」を選択し、その中からデザイン性を重視して選びました。私のサイトのメインコンテンツは徳之島のことや海のこと。なので観光サイト的にも見えるといいなとおもってこれに決めました。

TCD COREのデメリット

カスタマイズ性が低い(特にTOPページ)

これはテーマを導入する時点である程度覚悟が必要なのかもしれませんが…それにしても、【TCD FORCE】よりも自由度がぐっと下がりました。一番はTOPページのカスタマイズ性の低さ。3カラムの中央がほぼいじれないんです。

  • ヘッダースライダー
  • タブ記事一覧
  • ピックアップ記事
  • 特集記事

これらの表示/非表示が選べるのと、名称を変えられるくらい。順番も変えられません。私はヘッダースライダーの下にカテゴリ一覧を置きたかったのですが…そういったカスタマイズは左右のカラムでしかできませんでした。スマホ用ページの場合、ウィジェットをいじれるのはフッターの上の位置くらい。ファーストビューなどは変えられませんでした…

導線を作りたくても作れない…はがゆい気持ちです。

ちなみに私はHTMLもCSSも多少は使えるのですが、テーマを導入するとどこに何がどう書いてあるかが結構わかりにくくて、いじりにくくて挫折してます…無念。

別テーマである【TCD FORCE】の場合、TOPは用意された素材の表示/非表示、順序入れ替えに加え、フリースペースが使えたのがでかい。これでGoogleカレンダーやInstagramの埋め込みなどができました!だからこそ…なぜ【TCD CORE】ではできないんだ…くそぅ。

投稿時の装飾が使いづらい、使えない

リンクを貼っても青文字+アンダーバーの装飾がつかない

URLを貼ったら、自動で青文字にアンダーラインの装飾つけてほしいじゃないですか。それがなんと、何の装飾もつかないんです。一目でリンクが貼ってあるとわかってもらえません。

あわせて読みたい
【厳選】徳之島の島口ベスト9【わんもよく聞くっちょ】 よく聞く徳之島の島口(=方言)を、移住4年目の私なりに9つ厳選してまとめました。島口を知ると、島の文化がわかってきますよ〜。

埋め込みができるサイトだと、このような表示になります。もう少し小さくていいんですけどね…。

クイックタグが使えない

TCD独自機能「クイックタグ」の基本的な使い方や活用例をご紹介いたします。

~中略~

「VIEW(tcd032)」を除く、「AGENT(tcd033)」以前の販売中のテーマでは、「AddQuicktagプラグイン」を有効化する必要がある

【2021年最新版】TCDクイックタグで出力できる装飾と活用例一覧

TCD COREは027。

だるだるなちゃれ

はい使えませーん

テーマのナンバリングにそんな秘密が隠されていたとは…!正直、テーマ比較の時には気付けないと思います。もし今からTCDテーマを買うのであれば、用途に合うものテーマの中からなるべくナンバリングの数字が大きいものを選ぶことを強く!お勧めします。

ちなみに使いやすかったテーマのFORCEは078。2021年7月現在の最新は088なので結構新しかったことがわかります。下記のページを見ると、新しいテーマならなんの設定もなく埋め込みや関連記事カードリンク、吹き出し等が使えることがわかります。くそぅ…。

いままでプラグインやウィジェットなどを駆使して諸々表示させてきましたが、仕様が重たくなる一方な気がしてきました。そこに手間暇かけるくらいなら、別の有用なテーマを導入したほうがいいんじゃないかと…。そして他社テーマも調べてみようと思いました。

レスポンシブに非対応

サイトURLを貼って埋め込むとき、GoogleMapの埋め込み、Youtubeの埋め込み…だいたいスマホで見るとアホみたいな大きさになっていて、微調整に時間を食います。

プラグインやショートコード、カスタムCSSの設定でなんとかしたものの、これも最初から出来ててくれたらラクなのにな…と思わざるを得ません。

まとめ:最新のものを買おう

TCD COREが発売された直後はきっと素晴らしい性能だったんだと思います。でも技術は日々進化しているのだから、享受できるものはしたほうがいいはず。古いテーマだと気付けなかったのが本当に悔やまれます…しかも最新のブログテーマのほうが安いし!なんで!

2021年7月現在、ブログ向けテーマのなかで最新なのがこれ。【’Muum(TCD085)】

成熟したブログ市場を制するには

古びたマーケティング・眠たいデザインのブログから

新しいものへとアップデートする必要があります。

TCD Muum紹介サイト
こんわくなちゃれ

まったくもってその通りだね!!くそぅ…!涙

この記事がどのTCDテーマを買うか迷ってる人たちに読まれますように。祈

びっくりなちゃれ

著者はこのブログを書いた直後に、
デメリットだらけで嫌になって
新しいWordpressテーマを買ったよ!

\ 徳之島の最新情報が届く!質問も歓迎 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる